不動産賃貸事業  -Real estate leasing -

弊社は創業以来、阪神を中心として培ったノウハウとネットワークを駆使した賃貸仲介業務を展開し、豊富な賃貸仲介実績を上げております。

賃貸仲介市場の動向にしっかりと目を向け、「貸したい方」「借りたい方」のご要望にしっかりとお応えしてまいります。
家賃相場や、引っ越し作業、入居者募集、取引後のサポートに至るまでお客様の疑問やお悩みのご相談もお待ちしております。
ご満足いただけるよう全力でサポートいたします。

 

アパートやマンションを借りる場合も、希望条件を明確にしておく必要があります。

①月々の家賃等
②敷金、礼金など一時金
③間取り・広さは
④通勤・通学に要する時間は
⑤周辺環境は

 家賃が決まれば、敷金。礼金等の一時金の予算もたちます。敷金は預かり金で貸借人が退去のときに戻ってくる性格のお金ですが、退去の際、借主の責に帰する損傷などがあれば修繕費用として差し引かれることがあります。

必ず現地に足を運び、チェックをしましょう。
最寄り駅からのアクセス、日当たりや設備について、写真やメモ等によって確認しておきましょう。

宅建業者の媒介(仲介)により賃貸住宅を借りる場合も、宅地建物取引主任者が重要事項を説明し重要事項説明書を交付した後でなければ、契約締結はできないことになっています。重要事項説明には、物件の内容、契約期間及び更新に関する事項、敷金等の一時金の額などをはじめ、台所、浴室、便所などの設備の整備状況、居住用に限るか、ペットは飼えるか、ピアノは使用できるかなどの用途や利用の制限、敷金の契約終了時における精算に関する事項などが盛り込まれています。トラブル防止のためにも、疑問点は確認したうえで、契約することが大切です。

賃料の査定、条件や内装等ご相談お打ち合わせを承ります。

 

募集・入居条件等が貸主様と当社との間で確定いたしましたら賃貸斡旋依頼書をご提出いただき営業をスタートします。

■インターネットやレインズ((財)東日本不動産流通機構)への登録、各種媒体への掲載等々で募集活動を行います。

■募集住戸への内見の立会他業者への紹介

■条件の交渉、入居申込者の調査、契約書類の作成を当社で行います。

■また、ご契約者が遠方の方の場合、当社で責任を持って書類の受け渡し、捺印の手続きをさせて頂きます。

■賃貸借契約が成立した時点で、オーナー様と弊社との間で賃貸借管理業務委託契約書を締結し、報酬(業務委託料)を申し受けます。

■以降、不具合個所の修繕手配、更新の手続き、賃料未納の場合の初期催促の補助等、賃貸管理の業務を行います。

退室の際の立ち会い、敷金の精算、クリーニング手配をいたします。